こんにちは、大原です。
今回は、「丹毒之鍼(たんどくのはり)」です。


 丹毒之鍼


現代の読み方に直してみたいと思います。

丹毒(たんどく)と云うは、
總(そう)名にして軽重に仍(より)て苦からざる瘡(かさ)と、
大事なるとの分(わかち)あり。

俗の諺に早瘡(はやくさ)と云うが大事にして、
俗醫多くは驚風(きょうふう)と見迷う。
軽きをば脾疳(ひかん)なりなど云て藥違いにて
多く死(ころ)す事、腹の見様に口傳ある事を知ざれば最もなり。
此の書を見玉ふ本道針醫、今日よりして此の病症見損じ毛頭したまうべからず。
丹毒にて死を退(の)がれしむる事大きなる善根なり。
此上にても見違いあらば是非(ぜひ)無きなり。

扨(さて)、此の習は男の子は右の脾の募、
肺先より鳩尾へ向けて邪氣あり。又は章門へかけて邪氣あり。
女の子は左の章門、肺先、脾の募より鳩尾へ邪氣指し込みありて搐溺(ひくめく)。
驚風に似たり。
是母の胎内に有し時、母の瘀血を飲みし子必ず加様の症あり。

療治は鳩尾、兩の脾の募、肺先の邪を退け拂らう様に針すべし。
章門の邪氣を追拂(おっぱら)う時は搐溺(ひくめき)止むなり。
驚風とは各別(かくべつ)に違いあれども、
腹觀分け知らざれば見違いあるも最もなり。


丹毒とは細菌感染して赤く腫れ、発熱するものをいうようです。
「丹」は「赤い」という意味があることから
このように名づけられたのでしょう。

書かれている内容としては、
「驚風」という症状と診誤ってしまうと

間違った薬を与えて患者を苦しませてしまうとあり、
その診誤りを防ぐには、
腹診をして身体の状態を確認して
正しく診察することが肝要であると記されています。

治療についても、
やはり適確に邪を除くことが大事であるとしています。

続きます。


〜Back Number〜
鍼道秘訣集を読む その1 →  鍼道秘訣集序
鍼道秘訣集を読む その2 → 一.當流他流之異
鍼道秘訣集を読む その3 → 二.當流臓腑之辯
鍼道秘訣集を読む その4
鍼道秘訣集を読む その5
鍼道秘訣集を読む その6 → 三.心持之大事
鍼道秘訣集を読む その7 → 四.三清浄
鍼道秘訣集を読む その8
鍼道秘訣集を読む その9
鍼道秘訣集を読む その10
鍼道秘訣集を読む その11
鍼道秘訣集を読む その12
鍼道秘訣集を読む その13 → 五.四脉之大事
鍼道秘訣集を読む その14
鍼道秘訣集を読む その15 → 六.火曳之針
鍼道秘訣集を読む その16 → 七.勝纍之針
鍼道秘訣集を読む その17 → 八.負曳之針
鍼道秘訣集を読む その18 → 九.相曳之針
鍼道秘訣集を読む その19 → 十.止針
鍼道秘訣集を読む その20 → 十一.胃快ノ針
鍼道秘訣集を読む その21 → 十二.散針
鍼道秘訣集を読む その22 十三.鍼不抜抜事
鍼道秘訣集を読む その23 十四.鍼痛
鍼道秘訣集を読む その24 十五.知必死病者習
鍼道秘訣集を読む その25 十六.吐針
鍼道秘訣集を読む その26 十七.瀉針
鍼道秘訣集を読む その27 十八.車輪之法
鍼道秘訣集を読む その28 十九.実之虚 & 二十.虚之実
鍼道秘訣集を読む その29 二十一.実実 & 二十二.虚虚
鍼道秘訣集を読む その30 二十三.知寒気事
鍼道秘訣集を読む その31 二十四.知腫気来事
鍼道秘訣集を読む その32 二十五.瘧観之大事
鍼道秘訣集を読む その33 二十六.膈之針
鍼道秘訣集を読む その34 二十七.中風針之大事
鍼道秘訣集を読む その35 二十八.亡心之針


参考文献:
『弁釈鍼道秘訣集』 緑書房

※画像や文献に関して、ご興味がおありの方は
是非参考文献を読んでみて下さい。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here