こんにちは、本多です。
今回は腹證奇覧に記載している、
四逆散の證の記事を掲載致します。


四逆散

四逆散 / 腹證奇覧より
四逆散 / 腹證奇覧より


図の如く、
臍下の左右、心下或は胸下の傍、皆実満して、
たとえば大柴胡湯の腹に似て、胸膈実満・逆満して、
苦痛も亦甚だし。前の章にて云う、心下痞硬の者、此の證多し。
又、云う。
凡そ衆病者此の證、或は大柴胡湯の證。
傍に有らざることなし。
総べて、難症重病を療するに、
一證の毒を攻る時は必ず変じて諸證を現わす。
その方法、皆具れり。
故に古人の方法大に同うし少く異なるもの多し。

四逆散の方
芍薬・柴胡・甘草・枳実(各一戔)
右四味、水二盞を以って七分に煮取る。


【四逆散:組成】

白芍(びゃくしゃく)

芍薬
芍薬

ボタン科のシャクヤクのコルク皮を除去し、
そのままあるいは湯通しして乾燥した根。
性味:苦・酸・微寒
帰経:肝・脾
主な薬効と応用
①補血斂陰:血虚による顔色につやがない・頭のふらつき、
めまい・目がかすむ四肢の痺れ・月経不順などの症候に用いる。
方剤例⇒四物湯
②柔肝止痛:肝鬱気滞による胸脇部の張った痛み・憂鬱感・イライラなどの症候時に用いる。
方剤例⇒四逆散
③平肝斂陰:肝陰不足・肝陽上亢によるめまい・ふらつきなどの症状に用いる。
方剤例⇒鎮肝熄風湯
備考:炒用すると補気健脾、生用すると燥湿利水に働く。



柴胡(さいこ)

柴胡
柴胡

セリ科のミシマサイコ、またはその変種の根。
性味:苦・微辛・微寒
帰経:肝・胆・心包・三焦
主な薬効と応用
①透表泄熱:外感表証の表熱に用いる
方剤例→柴葛解肌湯
②疎肝解鬱:肝鬱気滞の憂鬱・イライラ、
胸脇部の張痛・月経不順などの症候時に用いる。
方剤例→四逆散
③昇挙陽気:気虚下陥の慢性下痢・脱肛・子宮下垂などに用いる。
方剤例→補中益気湯
備考:昇発の性質を持つので、虚証の気逆不降や陰虚火旺、
肝陽上亢・陰虚傷津などに用いてはならない。



炙甘草(しゃかんぞう)

甘草
甘草

マメ科のウラル甘草の根。
性味:平・甘
帰経:脾・肺・胃
主な薬効と応用:去痰・鎮咳・抗炎症
①補中益気:脾胃虚弱で元気がない・
無力感・食欲不振・泥状便などの症候に用いる。
方剤例⇒四君子湯
②潤肺・祛痰止咳:風寒の咳嗽時に用いる。
方剤例⇒三拗湯
③緩急止痛:腹痛・四肢の痙攣時などに用いる。
方剤例⇒芍薬甘草湯
④清熱解毒:咽喉の腫脹や疼痛などに用いる。
方剤例⇒甘草湯
⑤調和薬性:性質の異なる薬物を調和させたり、偏性や毒性を軽減させる。
備考:生用すると涼性で清熱解毒に、密炙すると温性で補中益気に働く。



枳実(きじつ)

枳実
枳実

ミカン科のダイダイ、イチャンレモン、カラタチなどの幼果。
性味:苦・微寒
帰経:脾・胃・大腸
主な薬効と応用
①破気消積:腸胃湿熱積滞による腹痛・便秘あるいは下痢、
裏急後重などの症候時に用いる。
方剤例→枳実導滞丸
②化痰消痞:胸脇の痰飲で胸が痞えて苦しい、
胸が痞えて苦しい・呼吸困難などを呈する時に用いる。
方剤例→導痰湯
備考:破気に働き正気を消耗するので、体壮邪実に用いる。


【四逆散:主治】

少陰病による四肢の冷え・咳嗽・心悸・尿量減少、
腹痛・下痢・裏急後重の症状や、
肝脾不和による抑鬱感・憂鬱感・イライラ、
胸脇部が張って苦しい・胸満・腹痛、
下痢などの症候時に用いる。


参考文献:
『生薬単』 NTS
『腹證奇覧 全』 医道の日本社
『中医臨床のための方剤学』
『中医臨床のための中薬学』 神戸中医学研究会

画像や文献に関して、ご興味がおありの方は
是非参考文献を読んでみて下さい。


本多

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here