<当院でのコロナウイルス対策のご案内>
当院でのコロナウイルスに対する工夫と処置の

ページを作りました。
来院される皆様に関係する内容となりますのでご確認下さい
       ↓
『当院でのコロナウイルス対策ページ』はこちら


調べものをしていたところ、
『万葉集』にも登場し、
そして日本の古代国家の基礎となった地域で
高松塚古墳で知られる明日香村(飛鳥地方)の
文化保存の為に
時の首相、国を動かした漢方医・鍼灸師の存在を知りました。

御井 敬三 氏(1918年〜71年)
和歌山県のご出身で、
視力低下から漢方医、
終戦後は大阪で鍼灸師として
多くの病治に当られていたようです。
東洋医学が飛鳥地方に伝わったことから
この地域に非常に興味を持たれたようで、
宅地開発等が進む歴史的地域を残したいとのことから
私財を投じて飛鳥地方の保存を訴え、
最終的に「飛鳥村特別措置法」という結果を残し
現在に至るようです。

どうしても医人は
治療どうこうで名を残すかどうか?
みたいな事がありますが、
日本の文化・歴史を守るという一点で
後世に名を残される方もいるのだなと
改めて知る事が出来ました。

下野

<参考資料>
公益財団法人 古都飛鳥保存財団 HP
明日香村 HP
『古代飛鳥を歩く』 千田 稔
『飛鳥の都』シリーズ日本古代史③ 吉川 真司
『飛鳥~歴史と風土を歩く~』 和田 萃

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here