ホーム タグ 陰陽

タグ: 陰陽

不眠①

不眠について記載した記事です。

中医臓腑学を理解する:①

中医学の基礎理論についてです。

万有無双原理

がんばれ東北! みんな一つだ。 日本全国みんなの力で立ち上がろう! 今日も一日、鍼灸師としての誇りの為に、病治しの為に、 そして心の半分は東北を想ってがんばります!! 一鍼堂一同 春が来ました。 穏やかな温かさで気持ちのよい季節となりました。 気持ちが高ぶりやすく、 なんだかソワソワする季節でもあります。 春は少しずつ陽気が高まってきて、 夏はその陽気がピークを迎え、 秋は少しずつ陰気が高まってきて、 冬はその陰気がピークを迎える。 陰陽論では、 このような陰陽バランスの変化を「陰陽消長」といい、 一日の時間経過の中にもあります。 すなわち、 朝は徐々に陽気が高まり、 昼には陽気がピークを迎え、 以降は晩に向けて少しずつ陰が深まっていく。 突然ですが、 ①陰が最も深まる(高まる)季節、時間帯は、いつでしょう? ②陽が最も深まる(高まる)季節、時間帯は、いつでしょう? 答えは、 ①冬の深夜。 ②夏の真昼、です。 では、冬の深夜をイメージしてみて下さい。 冷たくて、静かで、水は凍り、動きは無くなる。 それに対して、夏の真昼はどうでしょう。 暑くて、なんだか騒がしくて、活発に動きが現れるイメージ… 「冬は確かに冷たくて動きたくないけど、 身体がブルブル震えて動きが出てくるし、 夏は活発に動きが現れる、って言うけど、 暑すぎるとなんにもする気が起きなくなる。」 といった意見が出てきそうです。 これは、身体が陰(陽)に大きく傾いた結果、 相対する陽(陰)の性質が際立った結果だといえます。 サンマーク出版『新編集版 無双原理・易』で、 桜沢如一先生は、定理の一つに、 ”陰は陽を生み、陽は陰を生む” と明記しました。 同書に、植物との関係性を記した文章があります。 ”光線を当てない植物は、黄白く、細く、長くなってしまう。 だが、これを日光にさらすと太く緑色になる。 その理由は、生理学では説明できない。 だが陰陽無双原理からいえば至極簡単で、 光線すなわち陽の収縮・求心力を与えず、 暗黒(陰の拡散力)を与えれば、 いかなる生物も細く長く白くなる。 色が緑から白に移るのは「陽化」だが、 この場合、植物がその適応力の限りをつくして、 暗闇のなかからできるだけ光線を吸収しようとするためで、 陰が陽を生じる例でもある。” 今回は季節と植物を例に挙げました、 そのほか様々な現象、物質に陰陽をみることができます。 桜沢先生が記した定理は12。 それらを一つの分野で理解しようとするのは、 非常に困難であると感じる。 医学のみならず、 あらゆる学問を通じて理解を深めることが重要であり、 それをいかに鍼灸に繋げていくか… そんなことを考えて、 一人でワクワクしたりするのでした。

【古医書】素問を読む:其ノ五

黄帝内経素門の陰陽応象大論篇についての記事です

【古医書】素問を読む:其ノ四

黄帝内経素問の金匱真言論篇についての記事です。

【医古文】素問を読む:其ノ三③

黄帝内経素問の第三生気通天論篇についての記事です

最新記事一覧

人気の記事ランキング

院長のオススメの記事