WHOによる鍼灸治療(針灸治療)の適応症、適応表,WHO鍼灸適応疾患について。

大阪 鍼灸院(豊中市) 一鍼堂 > 一鍼堂の理念 > WHO(世界保健機構)による鍼灸治療適応症
神戸三宮院

WHO(世界保健機構)による鍼灸治療適応症

西洋医学一辺倒の日本ではまだまだ認められていない鍼灸治療ですが
徐々にその効果が国際的に認められて来ています。
WHO(世界保健機構)が鍼灸治療で効果があるとすでに認定されているものを参考までに紹介いたします。
鍼灸が認められるに従い、徐々に増えてくるものと思われます。

   
分類疾患名
運動器系疾患 関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
神経系疾患 神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) 、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾
呼吸器疾患 気管支炎、喘息、風邪および予防
循環器系疾患 心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血生殖・泌尿器系疾患、膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎
婦人科疾患 更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性、血の道、不妊
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善
眼科疾患 眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい
耳鼻咽喉科疾患 中耳炎、耳鳴難聴メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿(ちくのう)、咽喉頭炎、扁桃炎(へんとう炎)

上記の表は、これらの疾患にしか効果が無いというものではなく、あくまで国際基準を提示したのみです。
また、鍼灸治療には術者の技術に依るものが大きいことを付け加えます。
上記以外の疾患でお困りの方や、原因不明のものも相談などには一切費用はかかりませんので、
気軽にご相談ください。
受診される、されないに関わらず、力の限りご協力させて頂きます。

東洋医学の信頼性について

東洋医学の触診(切診といいます。)は
とても信頼のおける診断術だと考えていますが、
日本はまだまだ施術側、患者側の意識の上でも鍼灸(針灸)後進国と言えます。
その本来の効果にも関わらず、
世間では、鍼灸に対する認知度は低く、医学=西洋医学と考える
傾向があるのが実際のところです。

院長の周囲には、東洋医学に理解のある
西洋医や薬剤師の方々がおられます。
一鍼堂では、どうしても東洋医学が神秘的で
心配だと思われる方は、
西洋医学的な検査をして頂いて、
治療効果を西洋医学的なデータで
確認していきながら鍼灸治療を進めることも可能です。
その場合は、こちらで東洋医学に理解のある医院を紹介致します。
また、鍼灸を受けながら、今までかかっていた
病院での 治療法、投薬に対して疑問や不安のある方は、
同時に仰っていただければ、
こちらで紹介する信頼のおける医師に
相談して頂くことも可能です。

一鍼堂では、目の前にある痛みなどを取れば
それで良いとは考えていません。
患者様の過去、現在、未来を把握して、
今ある症状だけではなく、
あくまでその人「一人を治す」のだと考え、
医者と患者という関係ですが、
一生付き合える関係を築いていきたい思っています。