病院で治らなかった幻肢痛を鍼灸(針灸)で克服しよう!/大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂

神戸三宮院

幻肢痛の鍼灸治療症例集

※ここでは幻肢痛に対する
一鍼堂での鍼灸治療の症例を紹介いたします。
巷では症例集と称し、宣伝まがいの自作自演の
内容を多く見かけますが、
当院では、紹介するすべての内容が
事実に基づいた内容であることをここに明記し、
紹介させて頂きます。


 

大阪府八尾市永畑町在住 H.Yさん 20代 男性 製造職

大阪府八尾市永畑町在住 H.Yさん 20代 男性 製造職
主訴:幻肢痛

2008年10月末、仕事中に機械に左腕を巻き込まれ切断。
以後、無いはずの左腕と左手指先にかけて痛み、痺れがある。
また肩に左手を置いている感覚もある。
痛み、痺れをとってほしいと、鍼灸治療希望。
(11/16来院)

切経にて、一身に湿邪を帯びた感覚アリ。
平素より、ラーメンや脂っこい食事が多い。
方針としては湿邪をさばく。

治療直後変化は感じられなかった様だが、
2診目には痺れ⑩→⑧、痛み⑩→⓪。
処方は前回と同様。

3診目、指先の痺れは依然変わらず。
前回までの処方と同時に、肝気をさばくようにする。
刺鍼直後から発汗がみられ、一身の湿邪を帯びた感覚もマシになっていく。

4診目、痺れは④程度まで落ち着き、6診目には⓪となる。
以後、痺れが出ることは無くなった。

8診をもって鍼灸治療を卒業していただきました。
現代医学では不思議な症状でしょうが、


幻肢痛 といえどもきちんと弁証論治することで
治療対象として扱える疾患だと強く確信しています。

 

他の幻肢痛の症例は、
現在作成中です。
お待ち下さいませ。

病院で治らなかった幻肢痛を鍼灸(針灸)で克服しよう!/大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂
幻肢痛の漢方鍼灸症例集
幻肢痛

この症状の治療体験談

    幻肢痛
    体験談・症例集一覧に戻る