無月経,月経(生理)が来ない,月経困難,子宮筋腫やその他の婦人科疾患を鍼灸(針灸)で克服しよう!//大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂

大阪 鍼灸院(豊中市) 一鍼堂 >体験談と症例集>月経困難、無月経(生理が来ない)の漢方鍼灸症例集
神戸三宮院

月経困難、無月経(生理が来ない)の症例集

※ここでは無月経(生理が来ない)、月経困難の
一鍼堂での症例を紹介いたします。
巷では症例集と称し、宣伝まがいの自作自演の内容を
多く見かけますが、
当院では、紹介するすべての内容が
事実に基づいた内容であることをここに明記し、
紹介させて頂きます。


ピルの服用無しで、自然に生理がきた!

大阪府豊中市在住 M.Tさま 20代女性 会社員
主訴:生理不順
既往歴:なし
---------------------------------------------------------------------------------------
【来院時の依頼文】
生理不順で8年前からピルを飲んで生理を起こしています。
ピルを飲まないと生理がきません。
このままでは将来妊娠できるのか不安になり、
自然に生理がくる様になりたいと思っています。
(本文ママ。)

<初診:2015年5月26日>
問診にて以下の内容を伺う。
生理に直接関係する内容として、
・産婦人科に通い、ピルを処方してもらっている。ピル以外の服薬はなし。
・生理時、経血にビー玉程度の大きさの塊がみられる。
・現在、基礎体温は計っていない。

また、その他に
・学生の頃から冷え性である。手足が冷たく感じることが多い。
・食後、お腹が張るような感じが稀にする。
・現在は会社勤めをされ、お仕事の中で特に大きなストレスを感じることはない。

お身体の状態を確認させていただくと、
 舌診:紅舌、少白苔
 脈診:沈、細、緩(弱)、やや滑
 腹診:臍下に邪がやや深く、かつ広くあり
 切診:主な反応として足陽明胃経の経穴に虚、足太陰脾経の経穴に実あり。 (ご本人のお話の通り、手足が冷たい。)

以上より、血瘀、胃の気の弱りが主であると考え、
活血、胃の気を高めることを治療方針とする。

治療後「身体全体が温かくなった」とお伺いした。
また、基礎体温を毎日つけていただくようにお願いした。

<2診目:6月6日>
前回の施術から、
・身体全体が温かく感じるようになる。
・便秘がちだったのが毎日出るようになる。
・肩こりもマシになる。
といった変化を感じられる。

舌診、脈診、腹診などからも、
初診時に考察した治療方針を続けていくべきと判断。
施術後に「身体が、より温かくなった」と伺った。

<3診目~>
同様の治療方針のもと施術を継続していく。
治療頻度はご本人のスケジュールを考慮して
1週間~10日に1回程度となる。

<7診目:7月15日>
1週間前から基礎体温が上昇し、
身体が温かく感じる状態が続いているとのこと。
脈診では、脈がやや有力・滑脈を呈す。

7月下旬、お仕事の都合上
来院ができなかったのでお電話を頂き、
前回の施術から3日後に
生理がきたと報告を受ける。

<8診目:8月9日>
これまで同様に身体全体は温かく感じているが、
職場ではクーラーが効いているため、
冷えの一因になる可能性がある。
身体の冷えが症状を助長してしまうと考え、
身体を冷やさないよう職場では長袖を着用するなど、
普段の生活での工夫についてお話しさせていただく。

この後、ご都合により治療間隔があいてしまうことがあった。
まだお身体がしっかりと調っていないため、
生理が定期的には来ないときもあった。

しかし、5~7日に1回の治療ペースを数回継続できた場合
基礎体温の上昇がみられ、
基礎体温が上昇した後は必ず生理がくるようになった。


8年間続けられていたピルの服用をやめ、
鍼治療にゆだねて頂き、結果を出すことができて良かったです。
継続して治療を受けられれば生理がくることが分かり、
ご本人や私もほっとした気持ちはありますが、
最終的には鍼治療を受けなくても
生理がしっかりくることを目標としたいと思います。
今後もできるだけ定期的に診させて頂ければと思います。

担当鍼灸師:大原
(2016年2月5日 更新)





兵庫県神戸市在住 E.Kさん 46歳 貸衣装屋

兵庫県神戸市在住 E.Kさん 46歳 貸衣装屋
主訴:無月経(生理が来ない)、月経困難

2007/7/13来院。
20代の頃は生理痛が重く、周期は安定していた。
最近になって身辺のストレスが重なり
突然生理がなくなる。
エコー検査で子宮内膜が3ミリしかなく、
「これでは生理がこないのは当たり前。
ホルモン治療をしましょう」
と産科の先生に言われたが一度、
東洋医学にも興味があったので、
ホルモン治療と並行して鍼灸(針灸)施術も受けることにした。
鍼灸(針灸)の施術をしていくにつれ、
不思議と生理前の感覚(胸の張りなど)が出てきて
睡眠も深くなってきたが、
産婦人科にて
「子宮内膜は1ミリも増えてないから、
生理は来ても1年後。胸の張りは薬の副作用だ」
と冷たくあしらわれる。

しかしその4日後、少量ながら生理がきた!
それからはホルモン治療を中止していただき、
定期的に鍼灸(針灸)施術を進め、
無月経は改善された。

大阪府豊中市在住 J.Dさん 30代 女性 パートタイマー

大阪府豊中市在住 J.Dさん 30代 女性 パートタイマー
主訴:月経困難(生理が来ない),不妊症

2008年頃からダイエットを始められ、食事は豆乳クッキーのみであった。
この頃から不正性器出血があり、その後月経困難(生理が来ない)となる。
妊娠をご希望され、婦人科に通うものの改善はなく、
御体を根本から変えたいとのことで当院での施術をご希望される。

2010年1/20、ご来院。
平素から、足の冷えと基礎体温にバラツキが観られるので、
それらの変化を施術効果として観ていく。
舌診:紅舌色あせで、ほぼ無苔。
脈診:濡緩滑脈。
腹診:全体自汗で、臍下に空虚感アリ。
切経:後谿(左)虚中ノ実、曲池(左右)実、照海(右)虚で枯れ、命門虚。
考察:腎陰虚とし、足少陰腎経の経穴にて腎陰を補う。
施術後より足の冷えが消失し、舌・脈・腹が変化したのを確認。
初診はこれにて終了。

2〜4診目。
初診後から冷えはほぼ消失し、基礎体温も一定する。
2診目には、舌は紅舌になり、濡脈消失。
施術方針は初診同様。
4診目施術中より、卵巣に刺激があったと得気(気の流れを感じる)が観られる。

5〜7診目。
冷えもなく、基礎体温も一定。
舌、脈、腹、切経において腎陰は補えてきたが、
胃腸器系に負担が診られる。
御伺いしたところ、仕事が忙しくなった事で食事時間にばらつきが出てき、
早食いになっている。
胃腸の負担を捌くよう、足陽明胃経の経穴に鍼を施したところ、
4診目と同様の得気を感じる。
また7診目には高温期に入り、生理の前兆症状が出てくる。

8診目。
生理が来る。
期間は3日と短いが、経血量も増えていた。
これからは、定期的に生理がくるように施術していく。
今回から14診までは7診目と同様の施術。

15診目。
生理が来るも前回から36日目、また期間も3日間と短い。
施術は前回までと同様。

19診目。
今回は29日で生理がき、期間も5日間と延びる。

以降、同様の施術を続けることで、
生理も27〜29日と周期的に来るようになり、
2010年7月下旬に体外受精を行われました。
その後、お仕事の関係で施術をお休みされていたのですが、
順調に過ごされていたようで、
10/13にお電話で妊娠し、安定期に入ったとご連絡頂きました。

今では2週間に1回、元気なお子さんを育めるよう、
御体診させて頂いております。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

担当鍼灸師(下野)より

無理なダイエットが原因で、御体を崩された症例です。
殆ど食事を摂らないことで、体型や体重は一般に標準と
言われるところまでになったのですが、
御体の目には見えない部分では変調が起こっておりました。
御体が根本的に弱って来ておりましたので、お薬等による治療でも
効果がなかったと考えられます。
施術では弱った部分を徹底的に、なおかつ施術初期のうちは
集中的にご来院頂いた結果、症状改善に繋がったと思います。

今後も、引き続き御体サポートして参りますが、
真面目なJ.Dさんだけあって、仕事で無茶しないか心配しております。
御体に不調を感じられたら、2週間と言わず、直にご来院下さい。

最後になりましたが、妊娠おめでとうございます!!

他の月経困難、無月経(生理が来ない)の症例は、
現在作成中です。
お待ち下さいませ。

無月経,月経(生理)が来ない,月経困難,子宮筋腫やその他の婦人科疾患を鍼灸(針灸)で克服しよう!//大阪の鍼灸院 (針灸院)一鍼堂
月経困難、無月経(生理が来ない)の漢方鍼灸症例集
月経困難症・無月経

この症状の治療体験談

    月経困難症・生理が来ない・無月経
    体験談・症例集一覧に戻る