ホーム タグ 生気通天論篇

タグ: 生気通天論篇

黄帝内経から考える「健康」 その9

生気通天論篇(第3) その1

素問を読む:其ノ三①

【生気通天論篇 第三】① 生気:人間の生命活動 通天:自然界 この篇では、「人間の生命活動と自然界は密接に関係し合っている」 ことを論じている。 そのことは、 『夫自古通天者、生之本、本於陰陽』 →昔から、人の生命活動と自然環境には、極めて親密に相い通じる関係があり, 生命の根本は陰陽にもとづくと考えられている。 と表されております。 『陽気者、若天与日。失其所、則祈寿而不彰』 → 人体の陽気は、ちょうど天体に太陽が存在しているようなものである。 もし太陽が正常さを失えば、自然界の万物は生存出来ない。 人の身体も自然界の流れの一部である。 人間にとって太陽=陽気の存在は必要不可欠である。 『蒼天之気、清浄則志意治。順之、則陽気固。』 →人の生気は天の気と関連があるため、天の気が清浄であれば 人の意志は平静なのである。この道理に順えば、 陽気に護りの役目を果たせることができる。 自然に順応し、生活していくことは陽気を大切にしていくことに深く結びつく。 次回は陽気の変調について 新川 参考文献:『黄帝内経素問 上巻—現代語訳』 東洋学術出版 『鍼灸治療 内経気象学入門—現代に甦る黄帝内経による気象医学』 緑書房

最新記事一覧